ほんのりゆったり~

marikock.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フンデルトヴァッサー

舞洲方面へ行ったので、そのついでに、「舞洲スラッジセンター」を近くまで見に行きました。
この施設は下水処理施設なのですが、この建物、遠くからでも「何これ!?」と思うほど目立ちます。
もう何年も前にたまたま高速道路から見つけ、「まさかフンデルトヴァッサー!?」と思いました。


d0078286_227556.jpg





d0078286_2293820.jpg






d0078286_2210346.jpg







d0078286_22102299.jpg




フンデルトヴァッサ―を知ったのは、10年くらい前?もっと前か?
偶然、彼の絵を見てかなり衝撃をうけました。その場でポストカードを買いあさり、写真集を買い、その後、展覧会へ足を運び、すっかり好きになりました。
オーストリアの画家で、建築家でもあると知り、その中で「フンデルトヴァッサーハウス」にはいつか行ってみたいと思った建築物の一つでした。未だに行ってませんが・・・(-_-;)
何がすばらしいかというと、彼は、「植物と共に生きる家を作ること」と語っています。
環境保護芸術家として世界的にも名の知れた人です。
森を切り開いて開拓するのが建築・・・。環境破壊・・・とつい思ってしまう中で、「植物と共に生きてこそ人間は、よりよい生活を送ることができる」という考えを持つ彼の集合住宅は、建物の中も外も、屋上も植物があふれています。そして、渦巻き模様や、カラフルで波打つ壁、見てるだけで楽しくなります。

建築を好きで勉強してきたはずなのに、いつの間にか、結局建築って自然を破壊するだけだなって後ろ向きの考えになっていた時期、彼の建築を知り、共存できる建築を作ればいいのだ、そんな建築家もたくさんいるんだ、と気づかせてくれました。

この舞洲スラッジセンターも当然そのようなコンセプトのもと、外壁や屋上に植物を取り入れ、自然との調和を図り、全体として「技術とエコロジーと芸術の調和」をあらわしています。
遊歩道、せせらぎ、東屋、ベンチなどもあります。

大阪の税金の無駄遣いと言ってしまえばそれまでですが、自然と共存した彼の建築を多くの人に知ってもらいたいです。
画家であり、建築家であり、エコロジストであり、哲学者でもある。。。。

また展覧会やらないかな・・・
オーストリアのフンデルトヴァッサ―美術館まで行くしかないか?




d0078286_22104642.jpg



d0078286_22132954.jpg

[PR]
by marikorokoro | 2012-03-31 22:18 | お気に入り

「草間彌生 永遠の永遠の永遠」

d0078286_9432356.jpg

国立国際美術館で開催されている「草間彌生 永遠の永遠の永遠」展へ行ってきました。

d0078286_10144924.jpg


入口からこんな感じで、中に入ると・・・

d0078286_10121192.jpg


鮮やかな赤っぽいオレンジに白の水玉。テンション上がる感じです。



d0078286_10131333.jpg



草間さんといえば・・・コレ!ですよね。
「大いなる巨大な南瓜」
このはっきりした、黄色と黒のコントラストがなんとも強烈。



d0078286_10102764.jpg



入った瞬間なんだかすごいパワーを感じます。

元気な色で楽しい~と思って次へ進むと、そこは白黒で描かれた草間さんの世界・・・
たくさんの目が点状に描かれていたり、顔のパターンが連続で一面に描かれていたり、はじめはじっくり見ていたのですが、だんだん目がまわってきて、少し気分が悪くなる感じ。
これは、アートというか・・・草間さんの脳の中をのぞいたような、ものすごいエネルギーが胸に刺さる感じです。
何か考えて構成して描いているのではなく、思いのままに無心に描いているのだろうな思います。

d0078286_10282197.jpg






途中のチューリップの部屋


d0078286_107575.jpg





d0078286_108710.jpg


ここははじめはかわいい!と思っていたのですが、どう考えても長時間ここにいるのはムリです。
ずっといたら気がおかしくなりそう。







その後に続く、「魂の灯」
ここは小さな部屋に入ります。
たくさんの玉の灯りがそこらじゅうに広がって、色が点滅して変わり、宇宙にいるかのよう。
現実か夢か、自分はなんなのか、もうなんだかわからなくなるような、すごく不思議な世界。
個人的にはこの作品が一番よかったかも。
d0078286_10333637.jpg

 「街の灯」画像では分からないので是非この中に入って体感して下さい。




最後の映像では草間さんが作品を描く様子などが映されていました。
その中で、80歳になった今も、まだ絵を描き続けている。
そして、彼女は「絵を描いていなければ自殺していた」とも言っていました。
幼少の頃から幻覚を見ていたという彼女は、それ絵で表現することによって、吐き出していたのかもしれません。描かずにはいられない、そんな状態だったのだと思います。


絵の中には、常に死と向かい合わせの苦悩のようなものが伝わってきました。
その絵からは大きなエネルギーが出て私の体にしみ込んでいきます。
絵を見ている間中、心がざわざわした感じがありました。
この絵はああでこうで・・・こういう想いで・・・と美術的に解釈しながら見るという感覚ではありません。
視覚で見るというだけでなく、体で感じた展覧会でした。
[PR]
by marikorokoro | 2012-03-23 10:17 | その他

気がつけば・・・

すっかり放置状態のベランダガーデニングです。
散った葉に枯らした植物、そしてたくさんの雑草。(T_T)
うー、ごめんなさい!!

そんななかで、ふと見ると、芽がでている・・・

d0078286_1221322.jpg


ここにも・・・あそこにも・・・という感じでムスカリが咲き始めている様子です。
さすがムスカリさん、強いです。
他には?と思い見渡すと、奥の方の鉢の中で、鮮やかな黄色のクロッカスが咲いていました。

d0078286_1243744.jpg


球根は毎年掘り上げて干したりなんやら手はかけていたのですが、今回は土に埋めたまま。
他の球根の芽も出てはいるのですが、花は咲くのは厳しそうです。

もう春はそこまで来ています。
さぁ、ガーデニングにも力入れましょう!
[PR]
by marikorokoro | 2012-03-14 12:13 | ガーデニング

お誕生日

家を新築した妹のお家へ・・・。
甥っ子ちゃんの4歳のお誕生日をしました。

こだわりの家だけあって、とても素敵でした。
ニースの家の雰囲気を思い出します。


d0078286_1222156.jpg


d0078286_1291159.jpg


d0078286_12351880.jpg


d0078286_12365442.jpg







d0078286_127631.jpg





d0078286_12274672.jpg


おいしいランチとおいしいケーキをいただき大満足です。





d0078286_1230641.jpg


飾ってあったお花のキレイさに思わずうっとり~
癒される実家での時間でした。
[PR]
by marikorokoro | 2012-03-03 12:42 | その他

patissier Eiji Nitta

何年か前にたまたま見つけた、西宮北口近くのケーキやさん。
この時は、住宅街の中こじんまりとしたお店だったのが、今は少し離れた場所に大きくなってリニューアル。
なんとなくリニューアルされてからはあまり行かなくなっていました。
近くに別のお気に入りのお店があって、最近はもっぱらそっちへ行っていました。
ところが今日はそのお店がお休み!
ショック―と思ったけれど、久しぶりにエイジ・ニッタへ行ってみようということになりました。

ショーケースには、色鮮やかなケーキがずらり!
どれも美しい。見ているととても楽しくなります。
やっぱり見た目は大事だな・・・。
迷いに迷って買ったのがこちら。
夜の撮影で少々暗めですが・・・


d0078286_1442183.jpg



「タルトショコラ・フランボワピスタチオ」
フランボワーズ風味のガナッシュになめらかなピスタチオのクリームを合わせたケーキです。
タルト生地が多いようですが、上のピスタチオのクリームの濃厚さを思うとこのくらいボリュームがあってちょうどよいのでしょう。
ピスタチオのグリーンがとても綺麗です。




そしてもう一つ。

前に何度も買っていた「西北ロール」は大好き!
クリームの多いロールケーキが増えているけれど、ここのはクリームは少なめ、スポンジが多めかな。
丹波の栗が細かく入っているけれど、この食感と味が絶妙です。
クリームはもちろん、スポンジはふわふわでおいしいの。
黄色が濃いいスポンジは、きっと良い卵を使っているのでは?と思わせるお味です。

あぁ・・・画像はありません。

我慢できず、写真撮らず食べてしまいました。





西北にはお気に入りのパン屋さんもあることだし、それだけの理由でも西北に移り住みたいです~!
[PR]
by marikorokoro | 2012-03-02 02:00 | お気に入り